BON !
主に本流のサクラマスとスズキ釣りのブログ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SVスプール
svスプール
サクラマスで使っている型落ちのミリオネアを少しだけ進化させてみました。
SVスプールと言う物でノ―サミング、ノーバックラッシュ、ストレスフリーがうたい文句のスプールです。

これを装着するにあたって結構色んなブログを徘徊しました(笑)

この型のミリオネアはどうやらTD-Z系のパーツで構成されているみたいでTD-Zの
パーツを流用できるみたいです。

でこのスティーズのSVスプールはTD-Zとの交互性が有ったのでミリオネアにも着くみたいと
色んなブログで書いてありました。
がしかしほとんどのブログ記事では同じミリオネアでもI'sFactoryや凛牙などのハイスペック機で
僕の使っている廃貨盤のCV-Xには果たして着くか心配でしたが意を決してポチリました(笑)

で結果ポン付けは出来ますがシャフトピンが短くメカニカルブレーキがほとんど効かない状態です。
そこで調べていくと、と有るサイトにTD-Zのシャフトピンだとジャストフィットすると書いてあったので
釣り具やで購入し付けてみるとこれが見事にジャストフィット!!
まだラインも巻いていませんが取り敢えず最初はナイロンでやってみて慣れたらPEにでも
巻き替えるか考えています。

実際リョウガの方もスプールを軽い2014スプールに変更しラインもアーマードF⁺の1号にしましたが、
かるい10g前後のルアーがストレスなく飛びかつバックラッシュも無く快適になったので
このSVスプールにはかなり期待をしています。

解禁まで3ヶ月を切って今年こそはと妄想をふくらませています(笑)
スポンサーサイト
1年間待ちました
去年の2月中旬ごろ中州に渡る時流に負けて流されてしましました。
その時とっさに川底に右手を着いたんですが、その時ロッドを握っていてリールを
石に擦ってしまいサイドプレートに傷が入ってしましました。
去年の記事では流された事は書いてましたが、リールについては結構凹んでいて書くことが出来までせんでした。

ミリオネア傷min
まあ傷と言っても機能面ではなにも支障はないのですがやっぱりタックルは綺麗な方が
気持ちも良いものなので、パーツを探す事にしました。
が既に廃版モデルなのでメーカーに在庫が有るかチェックしましたが案の定無くなっていました。

そこで残るはオークションに賭けるしかありませんでしたが、なかなか出ない・・・
オークションの検索条件を保存してほぼ週2回確認作業が1年続きました。

そして今年の2月末頃やっと発見しました!!
しかも諦めていた新品そして予想外にも外調整式のオプションパーツではないですか!!!
で、焦らずじっくり観察して終了10分前に新品時の定価の価格で入札し最高入札者にはなりましたが
ライバル達も入札をしてきてましたが根性で落としました(笑)

ミリオネアサイドプレートパッケージmin
おそらく2度と出ないであろう代物ここは何が何でも頑張りました。
結果は定価の半値ぐらいで購入する事が出来ました。

届いてまず2つを並べてみました。

ミリオネア新旧min
やっぱ綺麗ですね~!

早速装着してみました。

ミリオネア新プレートmin
ミリオネア外調整プレートmin

1年間諦めずに待っていて良かったと思います。

リョーガとミリオネアmin

九頭竜の方はもう少し暖かくなってから本格参戦しようかと軟弱な考えをしております(笑)

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

デビュー
2011_1209_153018-R0013083.jpg
今日からベイトデビューです(笑)
>>続きを読む

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

修理Ⅱ
約1年振りにウエダーの修理を試みる。
前回は黒ゴム接着剤なるものを使ってみたがイマイチでした。

今回はボンドでコテコテに塗り捲くってみる。

症状としてはブーツと生地の継ぎ目から浸水しているので
その継ぎ目を表と裏両方にボンドを塗ってみる。

今回使ったのはこれ
20070524153608.jpg


結果はまた報告します。
>>続きを読む
修理
前回の釣行で浸水したウエダーを修理してみた。

早速ホームセンターに行って
ボンド類を物色してみる・・・・
結構種類があり10分ぐらいボンドの陳列棚で
あれこれ探してみる。

ふと棚の上段に目をやると
黒ゴム接着剤と書かれたパッケージを発見!

手にとってみて見るとパッケージに釣り用長靴の補修に!と書いてるではないか!
早速レジにて精算急いで帰る。

ふと車の中で商品名を思い出す・・・黒ゴム接着剤・・・黒ゴム・・・
とにかく帰る。

で早速パッケージから出してふたを開けると
黒いペースト状が出てくる!
このとき初めて気付く・・・黒ゴムってこう言うことかー!
IMGP0349.jpg


しかし買ってしまったのでとにかく使ってみた。


かなり不細工な出来栄えである
IMGP0348.jpg


後から解った事その2・・・マスキングテープで上下きっちり
覆っておくと綺麗に出来たらしい。
ちゃんと説明文を読むべきであった・・・少し反省。

でもまぁなんですこれで浸水しなければ全ては報われます
今度どうだったか報告します。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。