BON !
主に本流のサクラマスとスズキ釣りのブログ
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川鱸をもとめて
潮時表を見ると小潮まわりであまり潮が動かない。
ならば川に行く事にする。勿論狙いは川鱸

前日の水量は雨も降っていないのにPM5:00~AM0:00までで
40cm近く増水している。
おそらくダムの放水があったのであろう(勝手な思い込み)

釣行当日も同じように放水があればかなり期待できる。
なんとか明るいうちに現地に到着!
今はまだ減水しているので地形の確認をする。

日も暮れポイントに入りキャストを始める。
1時間何の反応も無い・・・でも大丈夫!
これからダムの放水があり増水するからこれからが勝負だ!

が、しかし水量は一向に増さないそれどころか次第に減っていっている!

さらに流れも無くなりまるで池のように静かになってしまった。
最悪の状態だ!

そして時間だけが無情にも過ぎていく。
漆黒の闇の中ロッド振る音だけが聞こえ流れの音も無く
静かな時間だけが過ぎていく・・・バシュ
暗闇に響くバイトの音!
突然のヒットに驚きながら、ファイトする。

ん?おかしー?そこそこ引くが重いだけしかし大物にはよくあることだ
で、あがってきた大物とは・・・


20061029164648.jpg

ひげの生えたシーバス?ではなくナマズクンでした。
しかも銜えているルアーはジッターバグ

すんません確信犯です。あまりにも釣れないのでつい・・・(^^;

減水時はナマズクンだけが高活性でした。

当然朝マズメはパスして帰りました。。。
>>続きを読む
スポンサーサイト
IMGP0369.jpg

久しぶり虹を見た。
別にどおって事無いんだが、何だか嬉しくなって
デジカメのシャッタ-をきる。

最近ボーズ続きで少々へこんでいたがなんとなく
気持ちが晴れたような気がする。

虹を見ながら必ず釣ってやる。。。
と心に誓ったのでした。

話が変わりますが、本日を持ってBON!のHPの方は
閉鎖します。
今後はこのブログのみになります。
皆様どうぞ今後とも宜しくお願いしますm(__)m
やってもーたー!
前回からの続き・・・
携帯サイトのお天気.comで明日の天気を見てみると
東の風5M波1.2~1.5m天気午後から下り坂・・・
悩んだ末波の影響の無いポイントに行く事に決め
朝マズメまで仮眠をとる。

爆睡していると・・・やってもーたー!
と同行者が叫んでたたき起こされる。
しぶしぶ起きると時間は朝の8時完全に寝坊してしまった・・・

急いで支度をしポイントへ向かうと既に何人かの人が釣をしている。

高台に昇ってポイントを見ると幸いにも先端は空いている
慌ててポイントに向かう。
ここは一見チョロそうな磯に見えるがポイントまでの行程が
かなりハードである。

どうハードなのかそれはほぼ垂直で磯際をへつって行かないと
先端には出られないからだ。

冷や冷やしながらなんとかせんたに到着すると潮が結構動いて
潮目もありいい感じでやる気が出る。

なん投かしていると秋刀魚の群(少ないが)入ってきた
俄然やる気が出てミノペンを投げるといきなり
バシャ!っと食いついてきたが直にフックアウト・・・
それから何回か同じようなバイトがあるが
一向に釣れない。
暫くしてどうやら謎のバイトはダツであることが判明する。

しばらくすると沖磯のほうでスーパーナブラがおきるIMGP0366.jpg

それが段々こちらに向かってくる。
が、しかしナブラはどっかにいってしまった。

後でわかったことだがボラの群にサメが襲い掛かってたと言う事を
師匠から電話で聞く(この人はホンマになんでも知ってはる)

昨日からずっとゴッツイタックルを振り回していた為体もそろそろ
限界になっていた。
帰りの運転の事を考えて今回はこれぐらいにして、また磯を
へつり帰る事にした。

いったい何時になったら青物が釣れるのやら・・・

で、今回もボーズ決定!!
リベンジ
前回青物をバラシたポイントへリベンジに行ってきました。
今回は前回の失敗を繰り返さないように、しっかりタモ網を
持ちタックルもよりパワーのあるミュートスHとツインパワー8000H
ラインもPE4号、リーダーも70lbと気合を入れて
ポイントに向かいました。

まだ暗いAM4:30ポイントに向かう。
自分で言うのもなんだがかなり気合が入ってる。
そして朝日が昇りIMGP0364.jpg

ご来光に本日の爆釣を祈願し昂る気持ちを抑えながら
アローヘッド140Sをキャスト!

いつもの事ながら朝一の一投目は気持ちのいいものである。
が、しかし何回キャストしようが、何を投げようが
青物の反応はまったく無い。

そういえばこの前と比べ潮が動いてない、前回は潮も動き
潮目も差し込んで来ていたのだが・・・
今回は多少波気はあるが潮がうごいてない。
9時まで粘るが結局リベンジどころか返り討ちに遭ってしまった。

その後、鰻専門店の東屋串本店にうなぎを食いに行く。
ここは古座に本店がある天然うなぎ専門店で古座川の天然鰻を
リーズナブルな価格で提供している。上丼が¥1150で超特丼が
¥1900になる。
串本か古座に行かれた時は是非食べてください!

夕マズメは師匠からの情報で串本に入る。
思ってた以上に波が高く先端に立つと頭から
波をかぶり、引き波でさらわれそうになる。。。

当然夕マズメもボウズでした。


                         つづく






                          
           
修理
前回の釣行で浸水したウエダーを修理してみた。

早速ホームセンターに行って
ボンド類を物色してみる・・・・
結構種類があり10分ぐらいボンドの陳列棚で
あれこれ探してみる。

ふと棚の上段に目をやると
黒ゴム接着剤と書かれたパッケージを発見!

手にとってみて見るとパッケージに釣り用長靴の補修に!と書いてるではないか!
早速レジにて精算急いで帰る。

ふと車の中で商品名を思い出す・・・黒ゴム接着剤・・・黒ゴム・・・
とにかく帰る。

で早速パッケージから出してふたを開けると
黒いペースト状が出てくる!
このとき初めて気付く・・・黒ゴムってこう言うことかー!
IMGP0349.jpg


しかし買ってしまったのでとにかく使ってみた。


かなり不細工な出来栄えである
IMGP0348.jpg


後から解った事その2・・・マスキングテープで上下きっちり
覆っておくと綺麗に出来たらしい。
ちゃんと説明文を読むべきであった・・・少し反省。

でもまぁなんですこれで浸水しなければ全ては報われます
今度どうだったか報告します。
和歌山南紀方面№2
前回の続き・・・
磯で貴重な1本をバラシた後気分転換に
波止でメッキを狙うことにするが、しかし期待に反して
これが釣れない。。。

帰りながら各漁港を叩いて行くが
ルアーを追っては来るがすぐにUターンして
かなりスレスレの様子、日も高くなってきたので
船の影などを叩いて行くと
なにやらワラワラと湧いてきた
明らかにメッキではない群はボクのルアーを
まるで集団リンチするような勢いで襲ってくる!

しかしその割にはなかなかフッキングしない・・・
そしてようやく食わせたのがこれ
IMGP0357.jpg

こいつがいったいなんて言う魚かは解らんが
周りのもがメッチャうまそーやでと言うので
取り敢えずキープした

しかしメッキはまだ釣れていない折角南紀まで来て
えたいのしれんうまそーな魚だけでは
気が納まりません・・・

そしてまた違う漁港ではステルス戦闘機が悠々と泳ぎ
IMGP0358.jpg

一気にやる気が無くなり帰路につきました。

で、今回もボーズです!!
和歌山南紀方面№1

久々の南紀の地磯釣行!


前日の夜から入りまずは波止からアジの泳がせでイカを狙う。しかしイカはアタリすらなくウツボに齧られてばっかりで釣りにならず・・・一旦つりをやめしばし仮眠をとる。するとまだ暗いうちからグレ釣の人たちが4,5人磯に向かっていった。ボクは気にせず仮眠をとる・・・


明るくなってからポイントに向かうとまともに潮が当たってる場所を発見がしかしそこには先ほどのグレ釣の方達が陣取って僕の入る空きはありませんでした。。。で、開いてる場所から潮目に向かい猛闘犬丸のミノペン16Sをフルキャスト!そうこうしてる内に僕の前にも潮が差し込んできた。するとミノペンの後ろに怪しげな波紋が出た瞬間


バシャ!と水柱が上がりそれと同時に強烈な引きがきました。ロッドを大きくしならせてファイトしていると肝心な事に気付いた


そうタモ網を忘れてしまった・・・・・考えているうちに手前のシモリに突っ込まれ強引に引き上げようとした時にフックアウト・・・まー切られなかっただけましか。その後はあたりも無く撤収する。




当然画像も無しです。
新記録!
実はカブトムシやクワガタを飼ってたりする。
この時期にカブトムシ?と思われますが
カブトムシの方は先週すべて他界されました。

しかしクワガタの方はまだ生きてます。
コクワやヒラタなどの越冬物ではなく比較的
早死にするミヤマクワガタ!
IMGP0356.jpg


他界するのも時間の問題ですが、7月の後半に捕獲してから
今現在も生きてます。

いったい何時まで生きるのやら・・・
控えめです・・・
日曜日なんとか天気はもちそうですが
師匠から「場所取りバトル熾烈ですよ、
土曜日は朝の一時しか潮が動かず釣果無し!」
とありがたいメールを頂きました。

控えめなボクとしましては遠慮する事に決めました。「本当は釣れる確率が低く山を越えての場所取りが嫌なだけです。」

ならばここは久しぶりに餌釣で太刀魚!!
早速準備をして出撃です。

太刀魚釣は餌に限る!

途中餌屋に寄りキビナゴとドジョウを調達

ポイントに着くと沢山の釣り人・・・
ここのところ太刀魚が好調なのが伺える。

まずは浮き釣から3投目くらいに待望のアタリ
「スーっとウキが消しこみ糸ふけを取竿先できいてみる
こつこつっと独特の感触」しかしすぐに離してしまい逃してしまう・・・
こうゆうアタリが何回か続くが最後にはケミ蛍を噛まれ仕掛けが
全部切れてしまいました。。。
となりでやってる同行者も苦労してましたがなんとか釣る事に成功!

IMGP0353.jpg

2本サイズのチビ太刀!なかなか乗らん訳や

そして仕掛けが無くなったボクは今度はドジョウの曳き釣
に挑戦しかし周りのウキ釣は良くアタリが有るのに
ボクには全然・・・
しかし朝マズメに待望のアタリゴン!ギュ-ン!!慌ててリールを巻く
何回も竿を絞り込んであがってきたのはサイズアップした太刀魚
今日の最大指4本!!
20061014205806.jpg



日が昇ってからも頑張りましたがもう一本同サイズを追加したのみで
止めました。

これからますます期待が持てます
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。